悩む女性

鬱病の克服

笑顔の看護師

鬱病とは非常に厄介な症状で、ストレス社会の現代では日に日に発症患者数が増えてきています。鬱病を引き起こす原因はストレスがほぼ占めます。人は体質や思考によってストレス耐性度が一人ひとりで異なります。そのためストレス社会の現代で上手くストレスを発散できる人と溜め込んでしまう人に分かれてしまいます。上手く発散できなければ鬱病を発症する確率は非常に高くなり、これが鬱病が蔓延している理由の1つになります。今日本では鬱病をしっかり克服する事が出来る体制づくりが十分出来ているとは限りません。心療内科の数はあるものの、心療内科がどんな医療科なのか知らない方もいます。また鬱病であるとわかっていない方も多く、隠れ鬱と呼ばれる方も多く存在しています。鬱病を克服するためには周りのサポートが非常に重要になります。その理由として鬱が厄介な所として正常な思考判断が出来なくなるという特長があるからです。思考判断が出来なくなると自分が鬱病であると認識出来ず、また鬱と分かっても治療するという思考に至らない事もあります。そのため症状が進行し気づいた時には医師も驚く状況になっている場合も少なからず存在しています。

鬱の症状を知っており、早期発見し治療ができるというケースは非常に恵まれています。ほとんどが鬱について知らず、まだ正常な判断が出来る状況でも自分が鬱の代表的な症状を発症している事に気づかない場合もあります。一度発症してしまうとクセが付くのも鬱の厄介な点です。早期治療が行えれば本鬱にならない前に克服することもでき、その後の鬱グセも付かずに住むこともあります。そのためには周りのサポートが大切で、打つ特有の症状が見られた時は遠慮せずに伝えることが鬱早期克服には重要なポイントとなるでしょう。そして鬱と思った時は早急に心療内科を受診し、医師の判断を得ることが大切です。