悩む女性

心身症の専門科

看護師と医者

心療内科と聞いたことがあるでしょう。通常に生活をして、精神的に問題がないのであれば心療内科で受診をしたことがない方もいるかもしれません。心療内科とは心身症を扱う専門医療科です。専門科なので小さなクリニック等では存在しない場合も多く、大抵は総合病院や専門クリニックとして存在します。心身症と聞きなれない方もいるかもしれませんが、心身症とは書いて字のごとく心が身にもたらす症状のことです。例えばストレスが挙げられ、ストレスが溜まり過ぎると消化不良で体調を崩す事があります。社会人であればそういった経験を少なからずしているでしょう。通常はストレスなどは溜まりながらある一定値を超えそうになれば知らず知らずにこれまで培ってきたストレス発散方法を行い、ストレスを消してしまします。また再度貯まれば発散しを繰り返し、心身症が起きない仕組みになっています。しかしこれは健全な状態で機能する仕組みであり、時には上手く機能せずに一定値を超えても発散できなくなる時があります。この状態をいわゆるノイローゼや神経症などと言い、酷くなれば鬱などの精神障害を引き起こします。心療内科はそういった精神障害になる前に元に戻したり、また治療を行なう専門科です。

心療内科を受診するには最初から心療内科を訪れるか、内科へ訪れ紹介されるという2つのパターンが有ります。最初から受診するには心療内科がそういった方を対象に治療を行っているか知っている必要があります。知らないという場合は大抵が通常のクリニックや総合病院などへ訪れ、内科で身体症状を伝えるでしょう。以前は心身症は広く知れ渡っていませんでしたが、最近では医師であればある程度判断ができます。身体に不具合が無いのに患部が痛み出すなどの症状がある場合は更に大きな大学病院か、心療内科などで別の病気を疑うことになります。心療内科の場合もあれば名前が変わり精神科という場合もあります。いずれにしても精神を扱う医療科であり、精神治療のスペシャリストです。名前だけ聞いて拒否するのではなく、一度受診を行なうことが大切です。