悩む女性

精神科と心療内科

泣いている女性

心療内科と精神科は同じく精神障害を扱う医療科です。どちらも精神障害から来る身体的症状を治療することが出来るため大きな違いはありません。中には精神科でも精神内科と表記している場合もあります。ですが元々は全く違う症状を扱う医療科です。心療内科は心身症を扱う事を専門にした医療科であり、精神の障害が身体の症状として出た時に受診します。例えば不眠症や軽度の鬱、また自律神経失調症などがあり、これらの症状を改善するためには心療内科に訪れる事でスムーズな治療を行うことができます。一方精神科は精神障害が身体に出ず、精神を病んでしまった時に訪れます。身体的に症状が出ないため精神に関する専門的な知識が必要になり、脳についての知識も必要になります。例えば妄想を見たり幻聴、厳格、また重症化した鬱などを扱います。精神科を受診する方の多くが精神に大きなダメージを負っている場合が多く、通常の医療機関では改善が出来ない時に訪れます。

精神科と心療内科は似ているものの対象治療の本質は前述したとおり異なります。ストレス等で精神的に辛いという場合は精神科に訪れたほうがスムーズな治療が可能です。またストレスで下痢が続いているという時は身体に症状が出ているため心療内科へ訪れるべきです。同じ精神障害に関する治療でもアプローチの仕方は異なるためしっかりと見極めてから受診をすることが大切になってくるといえるでしょう。ただしどちらで受診していいか全く検討が付かないという場合や、単純に緊急性を要しているという場合はどちらに訪れても最適な治療を行うことが出来ます。こういう場合は受付段階でどちらに訪れていいかわからないという旨を伝えておくといいでしょう。