悩む女性

カウンセリングと保険

顔を隠している様子

心療内科で受診することで様々な精神障害を解決することが出来ます。初めて心療内科へ訪れる時はどういった医療科なのか緊張することでしょう。ですが通常のクリニックと変わらず普通に受付をすませば問題ありません。心療内科はあまり一般的に使用される医療科ではないため健康保険が適用されるか心配な方も多くいますが、適用クリニックであれば健康保険を使用して3割負担で利用することができます。しかし心療内科は近年多く登場した医療科であり、年々多くなりつつあり需要が多くなったから開院したというクリニックも存在しています。そのため中には保険適用を受けていない場合もあり、そういうクリニックでは保険適用されないため気をつける必要があります。治療にかかる料金は適用であれば数千円程度で治まります。しかし健康保険適用のクリニックでも診療内容によっては保険が適用できない場合があります。それがカウンセリングです。

カウンセリングは心療内科では一般的に行なう患者とのファーストコンタクトです。様々な精神的問題を持った方が来院するためカウンセリングを行いどういった症状を抱えているのかを判別します。しかしこのカウンセリングは医療行為ではないため保険適用されない場合がほとんどです。そのため初回受診ではカウンセリング料金として治療費がかさむことが有ります。かさむと言っても2倍程度が相場で、数万を超えることは滅多にありません。料金を心配するよりはカウンセリングでしっかりと問題解決の糸口を探ってもらうほうが良いため、しっかりとカウンセリングは行なうことが大切と言えます。心療内科では症状のレベルに合わせて治療費が3割負担から1割負担に変わることがあります。例えば長期的に治療をしなければならない時などは治療費がかさむ傾向がありますが、1割負担であれば負担を最大限に押さえることが可能です。