悩む女性

不眠治療も出来る

笑顔の看護師

社会生活が多様化した現在の社会では生活が不規則な状態を続けて暮らしている方も多くなりつつ有ります。またストレスが多くなりつつあり、ストレスによる精神障害を引き起こすことも多くなってきています。これらの状態は決して人の身体に良いことはなく、時折症状として発症する事があります。不眠症はその代表的な身体の悲鳴の症状として知られています。名前の通り眠ることができない症状で、精神的負担も身体的負担も非常に大きい症状を引き起こします。睡眠は三大欲求の内の1つで、これが奪われると人は生命活動ができなくなってしまいます。しかし不眠症を患っている方は多く、ドラッグストアを覗けば不眠症を改善するための医薬品を数多く見つけることが出来ます。医薬品を用いると強制的に睡眠へ誘うため一時的に睡眠ができるようになります。しかし慢性化すると医薬品を常に服用する必要が出てきてしまい、身体の負担も大きくなります。こういう場合は心療内科と呼ばれる専門医療科を訪れる事で根本的な原因を解消することが出来ます。

心療内科は心身症など精神的な病を扱う医療科で、不眠症もこのカテゴリーに分けられます。不眠症は軽く考えてはいけない場合があります。その理由に別の精神障害が不眠の原因になっている場合があるからです。例えば鬱病や不安障害等の初期症状には不眠が有ります。鬱病や不安障害になればすぐ分かると思っている方も多いでしょうが、不安障害は特定の場所でしか発症しない事も多く、また鬱病も慢性的な鬱を発症する場合と躁鬱病と呼ばれる特定状況下でしか起きない場合があります。つまり既に発症しているけど気づいていない事が非常に多く、隠れ鬱や隠れ気分障害が多い理由の1つに入ります。心療内科はこれら精神障害を引き起こす根本原因を深く掘り下げて解消を行なうことが出来る唯一無二の専門科です。ちょっとでも自分の体調がおかしいと感じ、不眠症を発症している時は迷わず心療内科で相談してみるといいでしょう。最近ではフランクに診療できる心療内科が増えてきています。