笑顔の看護師

Contents

心身症の専門科

看護師と医者

心療内科とは心身症を始め精神に関する身体的症状が出た時に治療を行なう専門科です。様々な治療に対応しており、ptsdやストレス障害など近年の社会問題を起因とする症状を扱います。

more

鬱病の克服

笑顔の看護師

鬱病は心療内科で治療することができます。早期治療すれば鬱グセを付かずに克服することができるため、鬱の初期症状がみられた時は早急に心療内科で受診することが大切になってきます。

more

受診時の心得

以前よりも敷居が低くなった心療内科へ訪れてみたいという方も多いでしょう。心療内科では様々な精神障害を伴う治療を行なう事が出来ます。しかしまだまだ一般的なクリニックの様に完全に気軽に訪れる事が出来る場所ではなく、初めて受診するという方も多く存在します。心療内科へ訪れる時はまず自分の現状を自分で理解することが大切です。症状の理解とはどういった時に症状が発症するのか、その症状はどういった内容なのか、痛みはあるのか、今現在どういった状態なのかといったことです。これは主訴と言い、これを元に心療内科の医師は原因を探ることになります。自分がしっかり理解していなければ満足な主訴をすることが出来ず、医師側の問診で全ての症状の把握をすることになります。これでは正確な症状を伝えるためには時間がかかることもあり、スムーズとはいえないでしょう。

心療内科の受信時には現状の病歴を伝えることも大切です。病歴とは風邪などを覗いた病気の事で、これは嘘偽り無い方が正しい治療を行なうことが出来るようになります。自分が育った環境や現状の生活に関しても伝えるべきでしょう。ストレスに弱い体制という方は育った環境に原因がある場合もあります。また今現在別に病気をしているか否かも伝えておくべきでしょう。心療内科での治療では時折薬物治療を行なう時があります。別に服用している医薬品との併用が禁止されている場合もあり、また病状を悪化させることも考えられます。基本的に心療内科ではさらけ出すように全てを伝える事が大切です。情報が多ければ多いほど正確な診断を行うことができ、別の病気の可能性を発見することも考えられます。勿論これらは全て伝えなければならないわけではありません。答えたくない場合は正直に伝えましょう。ただし隠すことや嘘を言うことは問題です。心療内科の医師はプロです。例え答えたくない事が2つ3つあろうと最適な治療方法と提案してくれます。

LINKS

NEWS

不眠治療も出来る

笑顔の看護師

現代人の多くの方が症状として持っているのが不眠症です。不眠症は精神障害の一種に分けられる事もあり、心療内科で受診することが出来ます。根本的な原因の解決が可能でしょう。

more

カウンセリングと保険

顔を隠している様子

心療内科での治療費は保険適用で3割負担で利用することができますが、初回受診などでカウンセリングを行なう時は保険適用されないため2倍程度の料金を支払う必要があります。

more

精神科と心療内科

泣いている女性

精神科と心療内科はどちらも精神障害を扱う医療科ですが、それぞれで対象の本質が異なります。精神障害から身体に症状が出る場合は心療内科へ訪れ、精神病を患っている場合は精神科へ訪れます。

more